「ついったー東方部」について

東方ProjectというゲームのBGM(音楽)をオリジナリティ溢れるジャズアレンジを施し、ライブやCD音源リリースを精力的に行うジャズユニット。
ゲームとして、知る人ぞ知る超長期シリーズ化されている東方Project。その主役の1つは、ファンからこよなく愛されているその音楽である。ゲームを盛り上げる激しくも叙情的なメロディを、ジャズシーンで活躍するメンバー達がアレンジ・演奏。ジャズとして、また、ゲーム音楽として化学反応を起こし、誰にとっても新鮮な魅力あるジャズを聴かせることで、東方Projectファンのみならずジャズファンからも注目されている。

関西圏のメンバーが集まったバンドながら、国内各地、また海外でもライブ出演実績があり、
リリースされたCDは最新作「Bhava:Agra(バーバアグラ)」にて計15枚にのぼる。
第13回LALALAにしきたミュージシャンコンテスト’2019 では約100グループ中、準グランプリ(審査員特別賞、西宮市長賞)を受賞。
また毎年10月に主催するイベント「紅楼JAZZ」では100人規模を動員。
シーンの活性化にも努めている。

メンバー:谷口光(pf)中正樹(dr)黒田雅之(sax) 津田藤宏(ba)

https://www.facebook.com/tohobu/

Movie

Member

tanigon (Piano/Arranger)

ゲーム好きの中年ジャズピアニスト。
大の東方Project好きが高じて「ついったー東方部」のバンドを結成し、オリジナルアレンジをひっさげてアルバムのリリースやライブで全国を周る。
時には海外まで演奏に行くことも。
また、東方Project楽曲のみに留まらずモダンジャズからコンテンポラリー、またHouseやFuture Funkといったクラブミュージックなど、演奏から作編曲までを手がけており商業ゲーム作品への音楽提供、またその公式リミックスの提供など、ジャズに留まらない活動をしている。

tubax_crow 黒田 雅之(くろだ まさゆき) (Soprano/Tenor Saxophone)

1975年生 京都出身。
15歳から独学でサクソフォンを学び、20歳よりプロ活動を開始。
芸能人やシンガーのサポートなど、また世界最大のサックス「tubax」を日本に紹介し演奏を行う。
ソプラニーノからバリトンまでの各種サクソフォンを駆使してロック、ジャズからポップス、クラシックまで幅広く演奏するオールラウンダー。演奏のみでなく主にホーンのアレンジメントで自他のバンド・ユニットに作品を提供している。教育分野でも20年を超える実績を誇り、全国でセミナーや出張講義を行う。2014年から「ついったー東方部」に参加し活動をともにしている。

中 正樹(drums)

大学時代にドラムを始め、ロック、メタル、プログレ等の音楽に傾倒。
その後ジャズやラテン、ブラジリアン音楽にも興味を持ち、特にラテンブラジリアン分野においては「深く源流を理解しドラムに昇華したい」という気持ちからドラム以外のパーカッションも習得する。またジャズにおいてもより深い理解を目指しベースを学習する。
現在はそれらの経験で培われたオールラウンドな対応力を活かし、演奏、録音、講師等の活動をしている。
もちろん、「ついったー東方部」の諸演奏の中でも、それらは活かされている。

津田藤宏(Electric/Acoustic Bass)

1980年2月生 大阪市旭区出身 高校生からベースを初め 関西大学軽音楽部では50を超える様々なジャンルのバンドに参加。
大学卒業後、一般企業就職の傍ら大阪を拠点に、ジャズ、ポップス、ロック、ファンク、ソウルなどのさまざまな音楽を演奏する。
またニューヨーク 韓国 台湾 香港 シンガポールでのライブやセッションも経験。
2009年より自身のベース教室を開講 「ついったー東方部」には2018年参加。
ジャンルを選ばないプレイスタイルには定評がある。

JAZZUNITの記事一覧
19th JAZZ ALBUM "NOW ON SOLE"
18th JAZZ ALBUM "DEWFALL"
17th JAZZ E.P. "211221"
16th JAZZ ALBUM "Pieces of Wonder"
15th JAZZ ALBUM「Bhava:Agra」
紅楼Jazz2019@梅田ALWAYS【紅楼夢前夜の東方ジャズライブ】
JAZZUNIT「ついったー東方部」について